★宇宙からの要請でレッスンスタート
宇宙的意識革命!目覚めて生き 究極の存在となるレッスン
-------------------------------------------------  
★最新版★
------------------------------------------------- 

いつも ありがとうございます。
Ayumiです。

これからの地球と人にとって とても大切なことを話します。

人は 何かを求め 知ろうとします。

何かの方法を学んだり

知識を得ようとしたり

テクニックを学んだり

インプットすることばかりをします。

それは 何故だと思いますか?

あなたではなく エゴが それを求めているからです。

それで あなたは一旦は満足した気になります。

でも まだ何か足りない感じがして インプットしようとします。

エゴが それをするのは 渇望感を煽るため

それをすることで ある真実を知ることへの目くらましにちょうどいいんです。

インプットしてる内は 真実に気づかなくて済むわけです。

インプットしてる内は あなたの目覚めはない訳です。

これは私も実際に体験しました。

なので エゴはせっせと 気になる情報を探しインプットしようと躍起になります。

インプットすればするほど 本質から遠のき 
インプットすればするほど 制限に囲まれ
インプットすればするほど あなたは眠ったままでいられる。

私も レッスンやセッションなどをしていますが…

私がしていることは フォームレス

そして インプットではなくアウトプットできるようにするためのナビゲートです。

なので 私のレッスンやセッションを受けて下さってる方は既にご存知ですが

皆さんは 私に頭で理解することを求められることはありませんよね。

そして私のレッスンやセッションでは内側に向かうことや内側を見ることを度々言われると思います。

これが アウトプットするための ベースとなります。

アウトプットするために自分を知っていくことで 自分を肯定することを知り 自分を表現することを知ります。

アウトプット=自分を世界に表現することで あなたは エゴのコントロールを外す究極の鍵を手に入れます。

これからの地球はインプット型の人間では対応しきれなくなってくると 宇宙の存在たちは言います。

それでは とても不自由さを感じるし 
インプットすればするほど 体調が悪くなったり エネルギーが乱れたり不具合が出たりもあると思います。

もう 既に詰め込まれるのではダメだと なんとなく知覚している方たちもいます。

誰かや何かからインプットされるのは もう辞めなければならない…と

(もちろん 知識を得ることが 全てNGだという意味ではないので誤解のないように

あくまでも 自分の本質に立ち帰ろうという方々や自由や目覚めの道においてです)

型やモダリティやメソッドもそう。
誰かや何かから気づくことは あり得ないんです。
得たと思ってもエゴの上での気づきになってしまう…

これは とてもとても大切なことです。

なので いつもより真面目に書いてる感じが伝わってるといいなと思います。

何故?インプットではダメなのか?

あなたの中には 既に在るからです。
在るものの 上から不必要なものをインプットしてる訳です。

あなたは あなたによって気づきを得る
あなたは あなたによって自由になれる
あなたは あなたによって目覚められる

FullSizeRender


I A T I A .I A G.I A G S.I A G E.


今日も全てが幸せでありますように
全てに感謝致します。


             ~ Energy Healing Work ~
                        by Sette Luce
------------------------------------------------- 
★ご提供中セッションメニュー
--------------------------------------------------
究極の目覚め 究極の存在となるレッスン 
------------------------------------------------- 
銀河人 ライトワーカーのための意識と感覚の覚醒のためのレッスン 

-------------------------------------------------  
◆クリスタライズ ライトボディR◆
宇宙時代に向けて意識と体をケイ素化されたライトボディにシフトアップさせるセッション 初回は仙骨へのアプローチ


-------------------------------------------------

-------------------------------------------------